事業概要

障がいのある方の希望する暮らしや将来の目標・不安などをお聞きして一人ひとりに合った障害福祉サービスの利用に繋げています。
※ご本人だけでなく、ご家族や医療機関の方々、福祉施設の支援者からのご相談も受け付けています

(※)各種相談の充実を参照

受け入れ状況

相談支援事業の運営は、兼務職員で対応しているため要相談とさせていただいております。

事業種別指定特定指定一般自立生活援助
受入状況要相談要相談要相談

※「下記電話」又は「お問い合わせページ」よりご連絡ください。
相談支援事業所オリーブand
TEL 04-7189-8271

指定相談支援とは?

★生活で困りごとがあるとき、福祉サービスを利用するときに相談できる窓口となります。

☆例えば、こんな悩みや疑問はありませんか?

サービス提供内容

基本相談支援

ご本人、ご家族からのあらゆる相談を受け止め、ご本人、ご家族と一緒に解決への糸口を見つけ出します。 ご希望、状況に応じて、利用できるサービスや事業所をご案内・ご紹介など下記障害福祉サービスの利用調整をします。 

障害福祉サービスの利用支援

各種相談の充実

障害福祉サービスの利用に至らない相談を日常的に利用したい方は、当法人内の事業と連携し日常生活相談から福祉サービスの利用まで円滑に提供します。
①「相談」のみ利用したい方
② ヒアリングした結果、障害福祉サービスに該当しない方

【特色】
 

【登録のメリット】
・相談のみの利用も登録していただくことで、障害福祉サービスに至らない相談も対応が可能になります。
・「通所届」1枚で利用開始することができるため、障害福祉サービスに至らない方でも手軽に利用することができます。
【利用方法】
「通所届」を記載し、市の受理後利用開始できます。
※日中一時支援:毎年継続申請が必要になります。

利用対象者

障害福祉サービスの申請や変更を行う方

自立生活援助とは?

★地域で一人暮らしを希望する人に対し、地域生活における必要な理解力や生活能力を補うための相談やアドバイスを行っていきます。

①一人暮らしの障がい者に対し、自立生活援助を行い、一人暮らしを継続

②障がい、疾病等の家族と同居している障がい者に対し、自立生活援助を行い、地域生活を継続

サービス提供内容

◎週1日~月2日の頻度で定期的に訪問し、日常生活全般の状況等の把握及び一緒に解決策を考えていきます◎
①食事、洗濯、掃除などに課題はないかどうか
②公共料金や家賃に滞納はないかどうか
③体調に変化はないか、通院しているかどうか
④地域住民との関係は良好か など

◎必要な情報の提供および助言や相談、医療機関等との連絡調整◎
◎その他、障がい者が自立した日常生活を営むための環境整備に必要な援助◎

利用対象者

・障害者支援施設やグループホーム、精神科病院等から地域での一人暮らしに移行された方
・現に一人で暮らしており、自立生活援助による支援が必要な方
・障害、疾病等のある家族と同居されており家族による支援が見込めないため、実質的に一人暮らしと同様の状況であり、自立生活援助による支援が必要な方

利用期間

1年(標準利用期間)
※ただし、標準利用期間を超えてさらにサービス利用が必要な場合は、市町村の審査会の個別審査を経て、必要性が認められた場合に限り更新が可能

相談支援事業パンフレット
指定特定相談支援 相談支援事業所オリーブand パンフレット

◎相談支援事業(指定特定)PDF◎

自立生活援助 相談支援事業所オリーブand パンフレット

◎相談支援事業(自立生活)PDF◎

アクセス

〈電車の場合〉JR成田線 湖北駅より徒歩2分
〈バスの場合〉 阪東バス 湖北駅より徒歩2分

相談支援事業所 オリーブand
〒270-1132
千葉県我孫子市湖北台1-1-13
TEL 04-7189-8271