・「週1回」「1日2時間」体調などを考慮して自分のペースで働けます。
・多岐に渡って作業を取り揃えており、一般就労に向けて職業訓練できます。

サービス内容

オリーブandでは、生産活動から自己学習プログラムまで実践的な訓練を提供しております。

生産活動

・お弁当製造/販売
・カフェ業務
・公園清掃
・メール便(カタログ・パンフレット配達)
・施設外就労(近隣スーパーの清掃・品出し)

自己学習プログラム

一般就労に向けて生産活動以外にパソコン訓練やピッキング訓練を用意し自主的に訓練できるスペースを設けています。


栄養満点の食事(昼食)

当施設を利用する皆さんに健康な毎日を送っていただくため、バランスの取れた食事を提供しています。
◎1食:200円◎

利用者の声

・アットホームな雰囲気で居心地のいいのでもう5年も通所しています。(40代男性)
・スタッフの皆さんが優しいです。(50代男性)

利用対象者

・精神障害、知的障害、身体障害、発達障害、難病及び障害者手帳又は精神通院医療所持者(※)がある方で以下のいずれかの条件に該当する方。

  1. 就労経験があり、年齢や体力の面で一般企業に雇用されることが困難となった者
  2. 50歳に達している者、または障害基礎年金1級受給者
  3. 1、2のいずれにも該当しない者であって、就労移行支援事業者等によるアセスメントにより、就労面に係る課題等の把握が行われている者
  4. 指定特定相談支援事業者によるサービス等利用計画の作成の手続きを経た上で、市区町村が利用の組み合わせの必要性を認めた方(障がい者支援施設に入所する者に限る)

(※)自治体により、障害者手帳お持ちで無くても、医師の意見書でご利用できる場合があります。(詳しくはお問い合わせ下さい)

利用料金

就労継続支援制度の利用期間中の利用料金は厚生労働省によって定められており、9割を市区町村が補助金で負担し、1割を利用者が就労継続支援事業所に支払います。本人の負担額は年収や利用日数によって異なりますが、1か月の利用限度額が下記のように決まっているので、年収や利用日数が多くなってもその利用料金額を超えることはありません。
なお、収入によって利用料金の負担額が決まることから、約9割の方が0円(無料)で利用されています。

区分世帯の収入状況負担上限月額
生活保護生活保護受給世帯0円
低所得市町村民税非課税世帯(注1)0円
一般1市町村民税課税世帯(所得割16万円(注2)未満)
※入所施設利用者(20歳以上)、グループホーム利用者を除きます(注3)
9,300円
一般2上記以外37,200円

(注1)3人世帯で障害者基礎年金1級受給の場合、収入が概ね300万円以下の世帯が対象となります。
(注2)収入が概ね600万円以下の世帯が対象になります。
(注3)入所施設利用者(20歳以上)、グループホーム利用者は、市町村民税課税世帯の場合、「一般2」となります。

ご利用までの流れ

ご利用までの流れ(クリックでリンク先が開きます)

アクセス

〈電車の場合〉JR成田線 湖北駅より徒歩2分
〈バスの場合〉 阪東バス 湖北駅より徒歩2分
※公共交通機関の利用が困難な場合: 職員による送迎(要相談)

就労継続支援B型 オリーブand
〒270-1132
千葉県我孫子市湖北台1-1-13
TEL 04-7189-8271
利用時間:9時~15時